上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0344.jpg

先日、志摩在住の漆作家ペーターさんが住んでいる家の裏山で大量に咲き誇る梅を見てきました。あんなに沢山の梅の花を見たのは初めてでものすごくきれいでした。山登ってる途中からすでに梅のにおいがしています。山の名前はわからんのですが、二丈から神在の交差点を左折し、弁天橋をこえて突き当りを左に曲がって300メートルくらい走ったところの右手にある山です。おすすめですのでこのナビでいけそうな人はぜひ。


DSC_0362.jpg

その後OBOさんのアトリエにお邪魔して作品鑑賞。熱い人です。こんなオヤジになりたいです。まじで面白い話を聞きながらウイスキー・ウォッカを飲みすぎ撃沈。

面白い人を紹介してくれたリコさん!
ありがとうございました。また飲みましょう!
スポンサーサイト
rigler.jpg

この度、アートスペース Studio Kuraでは、3月14日(日)15時~ニューヨークで活動するフルート奏者、Jane Rigler(ジェーン・リーグラー)によるコンサートを行います。これは、JaneがStudio Kuraのアーティスト・イン・レジデンスプログラム*で滞在制作した成果を発表するコンサートです。彼女はフルート奏者、作曲家であるだけでなく、教育者としても様々に多彩な活動を行っています。例えば、芸術家でありプログラマーであるザカリー・セルデス氏と共に、障害をもつ若者のために開発したインタラクティブでセンサ駆動の音楽作成プログラム、Music Cre8torなどはその顕著な例です。古典的なテクニックとインタラクティブなコンピューターワークを組み合わせることによって発される彼女の音楽は、時に語りかけてくる言葉のようであり、また絵画や詞、ダンスのようでもあります。私たちの思考を刺激する知的なゲームのような側面と、感覚にダイレクトに作用する側面の両方を包括する、新しい音楽の可能性を探るものです。

今回は、Janeがレジデンス期間中にインスピレーションを得て製作した新曲を含む約1時間のコンサートを米蔵を改装したStudio Kuraのギャラリースペースにて開催します。
皆様お誘い合わせの上ぜひお越しください。


ジェーン・リーグラー コンサート

3月14日(日)
15:00~
料金 1000 円

場所:Studio Kura(福岡県糸島市二丈松末586)
JR一貴山駅より送迎もしております。
連絡先:090-5930-5988(松崎)

*Studio Kura アーティスト イン レジデンス プログラム
 地域社会におけるアート・異文化への理解と交流を実現させる場として、福岡県糸島市二丈にある民家の米蔵をスタジオに改装。招聘されたアーティストは、ここに一ヶ月間滞在しながら制作を行います。プログラム終了時には、その成果を展覧会やコンサートで発表します。期間中、アーティストは制作のみに留まらず、地域のの方々を対象にワークショップを行うなど積極的な活動を行っています。


~ この件に関するお問い合わせ ~
Studio Kura
(福岡県糸島市二丈松末 586)
代表 松崎宏史
mail@studiokura.info
TEL:090-5930-5988

愛さん、アレハンさんと伊都安蔵里に行ってきました。「地元の野菜うっとうとこやろ。けっこうあるしね最近」とおもっていたが、行ってみると古い建物の良さを生かした素敵な空間になっており、びっくりしました。(まあこういうのも結構ありますね最近)
そこでヤーコンを自分で作って販売しているおばちゃんに出会う。「これ飲んだら私シミが薄くなったんです。」というおばちゃんの顔を見て、初めて見た人なのに「本当だ!」と思ってしまう私。動揺しているのを感づかれ、ヤーコンの効用をラッシュで説明してくるおばちゃん。気がつくとぱっと茶の袋を握り締めてレジに向かっていました。。まだ飲んでないけど、後日感想をお伝えします。

DSC_0171.jpg


写真はアレハンさんがスペインのお土産に買ってきてくれたお菓子。箱が素敵ですね。箱の上と下をタッカーみたいなもので止めてあるので開けたら壊れそうでなかなか開けれません。アレハンさんありがとう!
DSC_0140.jpg

ごぶさたしています。最近は健康のため始めた運動で逆に体を痛めた松崎です。それにしても最近は暑くなったり、寒くなったり。早く春がきてほしいですね。寒さに萎縮している観葉植物を見るのはつらいです。南国に連れてかえってやりたい。

写真は家の庭に咲いている梅の花。すでに満開で春っぽいですね。下の写真はザボンでかなり大きい。ジャムにするとうまいです。

DSC_0141.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。