上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。私もついに三十路になりました。昔はね、「胃下垂やけん何食っても太らん」とか「どうすれば太ると?」などなどいやみを連発していましたが。30にもなるともう痩せないっすねー。食った分だけあごと腹の周りについていってます。無駄に歳だけとってしまいましたが、気持ちも新たに、がんばります!

20歳のころおもっていた三十歳ってこんなはずじゃなかったなー。大分忘れたけど。たしか30までに英語はぺらぺらになっとうはずやったし(最近中学生英語を勉強中)、ニューヨークで個展とかする大物になっとるはずやった(アメリカに行ったこともありません)。車はフォルクスワーゲンのバスを改造して乗りようはずやったし(今は軽)、巨大なアトリエにはリヒターやポルケの作品がかざられていたりして本人もたまに遊びに来るよみたいな。。。(ハタチでしたから。。。)

そして今40歳までにはといろいろ考えています。恥ずかしいので言えません。40歳になったらブログで発表しよう!30歳のころの私はこんなあほなことを考えていたなーって。

PICT0035.jpg

写真は友達の居酒屋「韻殷」にて。大将のよし君が作ってくれた寿司ケーキ。絶品でした!ありがとう。この後飲みすぎて30代最初の朝を二日酔いの気持ち悪さで目覚めたのは言うまでもありません。

  
スポンサーサイト
日本に帰ってきました。時差ぼけがきついです。あっという間のオーストリア滞在でしたが、色々面白い人に会えて得るものは多くすばらしい時間でした。これから又日本でがんばろう!

IMG_8849.jpg

IMG_8865.jpg



帰る数日前に一緒に何かを作ろうと皆で新聞を丸めて何か作りました。意味不明の立体ができたけどなかなか面白かったです。その後皆ですしをつくりました。ネタがなかったのでオリジナルすしに。ザウアークラウトmitプロシュートは以外にもなかなかうまかったっす!

IMG_8856.jpg

DSCF4069.jpg

又帰国前日にたまたま隣で食事している夫婦がワインをつくっている人たちで、つれていってもらいました。オーストリアは白ワインがおいしいんですが、彼らは赤ワインも作っていてこれが又おいしかった!お土産にもってかえってきたので今度のみ会したいですね。真ん中の人は同じくレジデンスできているメキシコの音楽家ダニエル サンチェスさん。彼は自分の音楽制作のほかに地域の人たちとのワークショップをたくさん行っていてます。日本にもきていました。情熱的でとても面白い人です。Studio Kuraにもぜひ来てもらいたいです。以下彼のプロジェクト Orquesta Mitoteのワークショップのビデオです。




IMG_8881.jpg

こんばんは、クレームスに滞在する期間も残りあと2日になりました。帰る前に行とかんとって事でウィーンに行ってきました。お目当てはkunsthistorische museum wienにあるフェルメールの傑作『絵画芸術の寓意(画家のアトリエ)』とMUMOKで開催中のCy Twomblyの個展でした。

フェルメールの絵はやっぱりすごいよかったなー。すごすぎますね。展示空間には誰もいなくて静かな気持ちでみれました。上のランプのところがマチエールが意外と盛り上がっていたり、なぜか横長と思っていた作品が縦長だったり、色々新発見があって面白かったです。

Cy Twomblyはクレムスであった越後くん一押しの展示だったので期待して見に行きました。あんなにたくさん彼の作品に囲まれると美術館の常設で1~2枚展示してあるのを見るのとではまったく違いますね。これまた面白かったです。特にドローイングの連作はよかったなー。切ったり、張ったり、線の自由さは見ていて気持ちよかったです。マスキングの色あせ方まで作品にマッチしていてさすがは巨匠。

その後ベルギーデザインのデザインの展示を見て、日が暮れかけてきたので急いでフンダート バッサーの建築を見に行ってきました。そして地下鉄でMさんと奇跡の再会を果たしビール飲んで分かれた後、クレムスに帰ろうとしたらもう電車がなくなっていたので朝まで飲み屋で飲むことに。

入った怪しい飲み屋”モーツアルト”は客が一人もいなくて店の人と話していたらあっという間に朝になっていました。べろべろによっぱらって店を出たら若者に「電話したいから電話貸してくれ」といわれ。「うるせー俺は金がないんだ、俺に金をくれ!」とか行っていたら若者が小銭をくれました。。いやーそれにしてもウィーンやばいっすねー。町が美しすぎます。都会なのに。もう一回いきたいなー。

IMG_8898.jpg
MUMOK

IMG_8902.jpg
ベルギーデザイン展にて

IMG_8922.jpg
フンダートバッサー

IMG_8924.jpg
アートなトイレ

IMG_8938.jpg
飲み屋モーツアルト
こんにちは。ご無沙汰していました。最近は展示のためドイツのライプチヒに数日間いっていました。先ほど電車を乗り継ぎ乗り継ぎでようやく家につきました。眠いです。

今回の展示はギャラリーが日本人の展覧会を企画してくれとのことで、私を含め5人の作家で展覧会を企画しました。内二人は現地で会うまであったことがない人たちだったのでどうなるか不安でしたが、お二人とも面白い人で新たな出会いに感謝ですね。無事展示も始まりほっとしています。以下オープニング時の写真をアップしました。展示をしてくださった久保田弘成さん、中原一樹さん、小倉曉さん、折笠有香‏さん、ありがとうございました。

Plakat.jpg

IMG_8790.jpg

IMG_8750.jpg
松崎宏史



IMG_8696.jpg
松崎宏史

IMG_8779.jpg
折笠有香

IMG_8764.jpg
折笠有香

IMG_8762.jpg
折笠有香



IMG_8757.jpg
久保田弘成

IMG_8803.jpg
久保田弘成

IMG_8755.jpg
中原一樹

IMG_8772.jpg
中原一樹

IMG_8761.jpg
中原一樹

IMG_8768.jpg
小倉曉

IMG_8766.jpg
小倉曉

IMG_8769.jpg
小倉曉
yourconsent


EINLADUNG...


"YOUR CONSENT"
Junge japanische Kunst

Kazuki Nakahara, Hirofumi Matsuzaki, Yuka Origasa, Akatsuki Ogura, Hironari Kubota

05.-26. September 2009

Vernissage: 05.09.09, 20 Uhr
Finissage: 26.09.09, 20 Uhr




Die Galerie Born+Busse pr?sentiert vom 5. bis 26. September f?nf Junge japanische K?nstlerInnen, die mittels verschiedener Ausdrucksformen interessante Schlaglichter auf aktuelle Tendenzen der zeitgen?ssischen japanischen Kunst werfen.

Wenngleich die derzeit in Berlin und Dresden arbeitenden K?nstlerInnen zwischen Europa und Asien pendeln und ihr Werk durchaus von westlicher Kunst beeinflusst ist, verleugnen sie in ihren Arbeiten nicht ihre in fern?stlichen Traditionen verankerten Wurzeln.

Der Zeichner Kazuki Nakahara (geb. 1980 in Kagawa) ist Sohn eines Kalligraphen. Er studierte beiHanns Schimansky in Berlin. Sein Werk zeichnet sich durch einen streng kontrollierten meditativen Gestus aus.

Die Arbeiten Hirofumi Matsuzakis (geb, 1979 in Fukuoka) sind eine Synthese von Konzeptkunst und Malerei, welche auf einer langj?hrigen Reflexion ?ber die Grenzen der Malerei basiert. www.hirofumi.de und .studiokura.info

Yuka Origasa (geb. 1978 in Niigarta) studierte Modedesign. 2002 kam sie nach Dresden und wurde Studentin bei Prof. Ulrike Grossarth. In ihrem Werk spielen Reisen ins ?stliche Europa, insbesondere nach Polen, eine wichtige Rolle.

Gleichfalls in Dresden, bei Prof. Hans-Peter Adamski, studierte Akatsuki Ogura (geb. 1978 in Hyogo).

Hironari Kubota (geb. 1974 in Nagano) machte seinen Master f?r Bildhauerei an der Musashino Art University, wo er 2004 ein Stipendium und einen Aufenthaltin der internationalen K?nstlersiedlung ?Cit? International des Art Paris“ erhielt. Ein weiteres Stipendium bekam er 2005-2006 von der ?Pola Art Foudation Tokyo“. Er lebt und arbeitet in Berlin.


Galerie Born+Busse
Kochstr. 132, 04277 Leipzig

Tel.: 0179-7397011 und 0178-6441659
info@born-busse.de
www.born-busse.de

Mo: 18-24, Mi: 10-14, Do: 14-20, So: 12-16 Uhr
und nach Vereinbarung


Mit frdl. Gr?ssen Ralf Born + Carsten Buss


こんばんは、最近はクレームスも涼しくなってきました。とくに夜はもうさむいです。先日は皆で飲んでいたら、なんとなくそれぞれの作品のプレゼンテーションが始まって面白かったです。プロジェクターを使ってなかなか本格的なものでした。僕のたどたどしい英語は通じたのでしょうか?こっちに来てから意外とドイツ語しゃべる機会が少ないんですね。やはり誰か英語圏の人がいるとみんな英語ですもん。。

映像はプレゼン中のクリスティーネ チェンさん。中国系カナダ人の作家さんです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。