上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てんじ5

てんじ

こんにちは一昨日のオープニングでは沢山の方に来ていただきありがとうございました。メリサのプレゼンを通訳してくれた岩本さん、難しいテーマだったと思いますが丁寧に通訳していただいてありがとうございました。メリサもいろいろな方が興味を持って、話かけてくれたことを大変喜んでいます。展覧会は7月6日までIAFshopで行われていますのでまだ見られてない方はぜひ見に来てください。

Sacred Artists and Animal Urges
Melissa Steckbauer
2008年6月28日[土]-7月6日[日]
休廊日:月・火・水曜日休廊
18:00-23:00(日曜13:00-18:00)
IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F(1F焼肉三馬力))
問合せ:090-5475-5326(佐藤)

てんじ2


てんじ3

てんじ4


てんじ5


スポンサーサイト
melissabild


このたびStudio Kuraに滞在中のmelissa Steckbauer による展覧会"Sacred Artists & Animal Urges"をIAFshopで開催する運びとなりました。ここに展覧会の案内ならびにお知らせを申し上げます。

Sacred Artists & Animal Urges

June 27 - July 6, 2008
At IAF SHOP

Featuring new works by
Melissa Steckbauer

Drawing from her Animalia and Dressed Collections, Steckbauer's new paintings wag a finger at the cultural representation of controlled and expressed desire. Sexual scenes are painted with a shamanic approach toward character study wherein Steckbauer neither glamorizes nor criticizes privatized behavior. With an aim toward re-membering eroticism within culture, these works offer up a challenging and wet new batch of iconography. Come hungry and sate your secret palate! Created while in residency at Studio Kura (www.studiokura.info), works will be on exhibit at IAF SHOP in Fukuoka, Japan June 27-July 6. Opening reception June 27th 19.00. IAF SHOP ( http://members.jcom.home.ne.jp/iaf_shop) is located at 2F, 3-7-19 Yakuin, Chuo-ku, Fukuoka

www.melissatheredpainter.20fr.com
www.rotliebend.weebly.com

タイトル:Sacred Artists and Animal Urges
作 家:Melissa Steckbauer(メリッサ・ステックバウアー)
期 間:2008年6月28日[土]-7月6日[日]
休廊日:月・火・水曜日休廊
時 間:18:00-23:00(日曜13:00-18:00)

場所:IAFshop 福岡県福岡市中央区薬院3-7-19 2階

◎関連イベント
6月27日[金]19:00よりオープニングパーティ。参加費700円(1ドリンク、軽食付き)
※都合により28日から27日に変更になりました。

◎展覧会内容
福岡県糸島郡二丈町にある「Studio Kura」というアーティスト・イン・レジデンス施設に滞在して作品制作を行っているアメリカ人作家メリッサ・ステックバウアーの展覧会。
今回滞在制作された平面作品を数点展示。
この展覧会は「Studio Kura」を運営している松崎宏史の主催企画となっている。
こんにちは、先日福岡市の西部にある北崎中学校にメリサ ステックバウアーさんと社会人講話にいってきました。小さな学校なんですが体育館で皆を前に話をするのは大変緊張したんですが、質問も沢山でて楽しいものでした。メリサにとっても中学生を前に自分の思いを語ることはいい経験になったんじゃないでしょうか。

きあたざき


きたざき


kitazaku
candlenight

おとといのキャンドルナイトに来てくださった方、大変ありがとうございました。皆で一緒に集中して描いた時間、あの静かな胸の高鳴りとでもいうのでしょうか?すごく感動しました。描いていてたぶん皆もそう思っているんじゃないかなーって。空間が一つになったようなきがしました。そんな中で来た作品ってやっぱりいいんですね。皆の作品がすごい良かったです。最後にろうそくの火で照らしたときには、もうすげーかっこいいって!!泣きそうになりました。いやーよかった!ワークショップの後のバーベキュウは蔵の雨のため小さな屋根の下でしたんですが、煙が全部蔵の中に入ってしまって中が真っ白に。。若干酸欠気味できつかったす!!

輪l区ショップ


makironn.jpg


bq
こんにちは寒いですね。油断して風邪をひきました。最近は時差ぼけも直って調子の出てきたメリサ。大きな絵二枚にとりかかっております。今週の金曜日は北崎中学校でワークショップ、土曜日は蔵でワークショップと短い期間の中でやることが多く、展覧会に作品が間に合うか少し心配していましたが大丈夫のようです。

mellisa

制作するメリサ
candle_night_postcard.jpg

今回Studio Kuraで行う初めてのワークショップ。当初21日、22日にドローイングのワークショップを予定していましたが”でんきを消して、スローな夜を。1000000人のキャンドルナイト” という素敵なイベントを早織さんに教えてもらいまいした。内容は(私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。2008年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、みんなでいっせいにでんきを消しましょう。)というもの。ぜひStudio Kuraでもそれにちなんだワークショップをしたいなと。ということでStudio Kuraでは21日土曜日に14時から19時までの5時間、参加者の方々と小さなサイズの絵を描くワークショップを行いたいと思います。夜20時に電気を消しローソクの光でその日に描いた絵を展示します。

キャンバスや絵の具をこちらで用意しますので、参加ご希望の方は
下記のメールアドレスにご連絡いただけると幸いです。
studiokura@hotmail.co.jp

場所は 福岡県糸島郡二丈町松末586

米蔵が2つあるのが目印です。

参加費は1000円となっています。

皆さんの参加をぜひお待ちしていますね。

こちらがでんきを消して、スローな夜を。1000000人のキャンドルナイトのサイトです。
http://www.candle-night.org/jp/#
melissakura.jpg

長旅でした。今日ようやく福岡につきました。東京ではいくつもギャラリーを回ってすごく面白かったです。いやー作品のレベル高いですね、面白いですね。すごい刺激を受けました!!皆さんのとても丁寧な対応にもすごく感動しました。帰ったらアトリエが去年マルセル君が帰ったときと全く同じ状態だったのでとりあえず掃除。ごめんメリサ。。明日から制作開始です。

写真は一貴山駅を出てStudio Kuraに行く途中の景色に感動するメリサ
こんばんは。ベルリンは暑い日々が続いています。蒸し風呂のようじゃね。さてこの度6月6日にベルリンでグループ展のオープニングがあります。お時間がある方はぜひ遊びに来てください。そして今月9日には日本に帰ります。東京で3泊いたします。東京にいらっしゃる方はぜひ会いたいです。福岡の方12日から7月5日までいます。Studio Kuraでは6月21日(土)と22日(日)に滞在中のアーティストMelissa Steckbauerと松崎宏史によるワークショップを開催します。ぜひ遊びに来てください。6月28日にはIAFshopでStudioKuraに滞在アーティストMelissa Steckbauerの展覧会があります。そちらもよろしくお願いします。そして私7月10日からはSloveniaでレジデンス&展覧会にいってきます。またおいおい詳細をお知らせします。うっかりスロベニアにいらっしゃる人はぜひ遊びに来てくださいね。遠すぎかも。。

以下今回の展覧会の案内です。

***see below for english and japanese

Sehr geehrte Damen und Herrn,

hiermit moechte ich auf unsere naechste Ausstellung
aufmerksam machen, sie herzlich zum Besuch einladen:

Hirofumi Matsuzaki, Mareike Lee, Atsushi Fukunaga
Show me the way!
Gemaelde, Zeichnungen, Skulpturen

7.6.- 21.6.2008
Eroeffnung 6.6., 19.oo Uhr

In unserer zweiten Ausstellung im neuen Galerieraum an der Brunnenstrasse praesentieren wir "Show me the way!" mit Hirofumi Matsuzaki, Mareike Lee und Atsushi Fukunaga, die alle drei in Berlin wohnen und arbeiten.

Mit dem programmatischen Titel "Show me the way!" soll auf die individuellen Lebensarten, aesthetischen Ansaetze und Denkwege der drei Kuenstler hingewiesen werden. Ein Weg bewegt sich fort und hat eine zeitliche Dimension - eine Geschichte. So verstanden geht es um die Darstellung der jeweiligen zurueckliegenden Wege, aber auch die noch zu gehende Wege sollen ins Spiel kommen. Doch nicht nur auf Seiten des Kuenstlers, sondern auch der Betrachter soll sich angeregt durch die drei verschiedene Wege mit seiner eigenen Geschichte, seinem "Weg" auseinandersetzen.



Hirofumi Matsuzaki, 1979 geboren, lebt und arbeitet seit 2005 in Berlin. Matsuzaki malt prunkvolle, feingliedrige Acryl-Blumen auf weisser Leinwand. Bei genauerer Betrachtung entpuppen sich die Blueten der Blumen als feine spiralfoermige Gebilde, die aussehen als waeren sie aus elektronische Kabel gemacht. Der Betrachter wird waehrend der Betrachtung meistens in die Spirale hineingezogen und es scheint als ob wir auf die andere Seite hinueber trans-portiert werden. Ein Weg wohin?




Die Kanadierin Mareike Lee, auch geboren 1979, lebt und arbeitet seit 2007 in Berlin. In ihren Zeichnungen beschaeftigt sich Lee mit netzartigen Strukturen. Es ist ein Lebenswerk. Ihre meist rot oder blaufarbigen mit Tusche gezeichneten Bilder zeichnen sich durch eine einmalig hohe Qualitaet aus. Die Arbeit "Chain-Link", die schon alleine durch die Feinheit der Tuschgestik hervorsticht, stellt fuer Mareike Lee die Zweideutigkeit einer Netzstruktur dar. Wir sind im Netz gefangen, andererseits ermoeglicht ein Netz auch neue Verbindungen. Was fuer Wege fuehren ins Netz hinein beziehungsweise ueber das Netz oder aus dem Netz hinaus?



Atsushi Fukunaga, geboren 1980, lebt und arbeitet seit 2006 in Berlin und ist eine eher konzeptuell arbeitender Kuenstler, der sich in letzter Zeit zunehmend mit der Verraeumlichung von onomatopoetischen und mimentischen Woertern aus dem Japanischen. Seine Skulpturen veranschaulichen, das heisst visualisieren, sprachlich-akustische Gebilde wie "Niya niya", "Fura Fura", "Zawa Zawa", "Kyuuuun" oder "Goooooo", die sonst nur hoer-, aber nicht sichtbar sind. Spielerische Sprachgebilde werden so auf spielerische Weise verkoerpert und ins Bewusstsein gebracht. Ton wird ver-weg-licht.

la-condition-japonaise
Eri Kawamura, Shintaro Miyazaki

Brunnenstr.29, 10119, Berlin
Tel: 030 25581180
e@la-condition-japonaise.com

http://la-condition-japonaise.com
Di-Fr 13.oo-19.oo Sa 11.oo-18.oo

---------------------

Hirofumi Matsuzaki, Mareike Lee, Atsushi Fukunaga
Show me the way!
paintings, drawings, sculptures

7th - 21st of June 2008
Opening 6th of June, 7 p.m

In our second exhibition in the new gallery room at Brunnenstrasse 29 we would like to present "Show me the way!" with Hirofumi Matsuzaki, Mareike Lee and Atsushi Fukunaga, who all three live and work in Berlin.

The programmatic title "Show me the way!" is hinting at the diverse and individual lifestyles, asthetic approaches and ways of thinking of the three artists. A way has a direction and also a dimension of time - a story. The exhibition is about showing different aspects of the past, but also of the future of the participiating artists. But not only the artists, but also the viewer - inspired by the three artists - is asked to reflect upon his own way, his past and future.

Hirofumi Matsuzaki, born 1979, works and lives in Berlin since 2005. Matsuzaki paints coloful, splendid, detailed acryl-flowers on white canvas. On closer look these flowers reveal themselfs as fine spiral-shaped formations, which look like they were made of electronic cables. The viewer seems to be drawn into the center of the spiral. Maybe he will be tele-ported to the otherside. Where to leads this way?

The canadian artist Mareike Lee, born also 1979, works and lives in Berlin since 2007. In her drawings she is reflecting on net-like structures. It is maybe her lifework. Her mostly red or bluecolored ink-drawn pictures are characterized with an unique high quality. The artwork "chain-link", which is a masterwork only due to the technique, Mareike Lee is reflecting upon the arbitrarity of a network. We are caught in a net. On the otherside a network opens up new possibilities: It makes new links. Which kind of ways go inside a network and which go outside?

Atsushi Fukunaga, born 1980, lives and works in Berlin since 2006 and is a more conceptual artist, who is lately more and more interested in the spacialisation of sounds, which come from onomatopoeic and mimetic words in japanese language. His sculptures show, means visualize acoustic-sematic formations like "niya niya", "fura fura", "zawa zawa", "kyuuuun" or "goooooooo", which can be heard but usally not seen. Playful words are so embodied - made to bodies - on playful manners and reflected as something very japanese. Sounds are shown as a sequence - as a a kind of way.

la-condition-japonaise
Eri Kawamura, Shintaro Miyazaki

Brunnenstr.29, 10119, Berlin
Tel: 030 25581180
e@la-condition-japonaise.com

http://la-condition-japonaise.com
Tu-Fr 13.oo-19.oo Sa 11.oo-18.oo

--------

皆様

この度、la-condition-japonaiseでは第二回展といたしまして、松崎ひろふみ、福永敦、マライケ・リーによる"Show me the way!"展を開催する運びとなりました。ここに展覧会の案内ならびにお知らせを申し上げます。

Hirofumi Matsuzaki, Mareike Lee, Atsushi Fukunaga
Show me the way!
paintings, drawings, sculptures

7th - 21st of June 2008
Opening 6th of June, 7 p.m

この3名はベルリンを拠点に活躍する作家であります。
"Show me the way!"と名付けられた展覧会において、ここで作家は自らの信念の道を示すことになるでしょうし、あるいは見ている方に対して各々の道を尋ねるものになるかもしれません。期間中は、それぞれ絵画、ドローイング、彫刻を展示する予定となっております。

松崎宏史は1979年生まれ、2005年よりベルリンにて活動している画家です。白地のキャンバス上に華麗かつ繊細な花の絵を描く画家です。よくみると花の花びらは螺旋状の線から成っており、それを目で追うとまるで花びらの中核に吸い込まれて行くような錯覚にとらわれます。さらには、花びらの弁を通ってその奥へ引き込まれてしまうような感覚にもとらわれます。発表の作品は新作で、シリーズものの小作品と、大作1点の展示となります。

マライケ・リーは1979年生まれ、2007年よりベルリンにて活動しているカナダ生まれの作家です。赤か青かの一色のフェルトペンで描かれたネットのドローイングは彼女のライフワークであり、影が描かれないにも関わらずその立体的に迫ってくるドローイングには定評があります。"chain-link"という作品のタイトルが示すように我々はこのネットにとらわれようとしているのか、あるいは開放されようとしているのか、しかし彼女の筆さばきの美しさに自ずと引き寄せられていきます。

福永敦は1980年生まれ、2006年よりベルリンにて活動する作家です。彼の作品は多岐にわたりますが、最近は特に日本語に特徴である擬音語、擬態語を使っての彫刻作品を制作しています。「にやにや」「ふらふら」「ざあざあ」「キュイーン」「ゴーォー」などの言葉を立体にし、普段は耳に聞くものを視覚化した作品です。遊び心ある語感・音感が立体へと立ち上がります。

皆様のお越しをお待ちしております。
くわしい資料請求は以下まで問合せをお願いいたします。

la-condition-japonaise
Eri Kawamura, Shintaro Miyazaki

Brunnenstr.29, 10119, Berlin
Tel: 030 25581180
e@la-condition-japonaise.com

http://la-condition-japonaise.com
Tu-Fr 13.oo-19.oo Sa 11.oo-18.oo





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。