上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある日友人のT君のアトリエを訪れたときなんかいつもと作風が違うので、どうしたのと聞くと、ある有名コンセプチャルアーティストからの発注とのこと。作品全部T君が作るのですが作家のサインで値段は4000万くらい?このアイデアのどこら辺がコンセプチャルなんだ?って感じの作品なんですが。。そういう僕も今ある所から発注受けて何か作ってるのですがそれもまあそれはいいんですが、人の作品も作っています。でもよ?ってたまに思うことがあるんです。手作業は機械とは何か違うだろって思うんです。手にはもっと何か認識の器官としての役割があるんじゃないか?それは何か大事なものなんじゃないか?手で作りながら考え、経験し、作業を進めていくことが。肉体と精神、作業とコンセプト。そんなに簡単に分けて考えられるものなんだろうか。そういう自分もひそかに工場つくろう計画があるのですが。。しかしアートの中でますます失われていく物の中にも大事なものがあるだろと思うのです。
スポンサーサイト
7月20日金曜日夜20時からバッシュハウスで来年スタジオ蔵で活動予定のアメリカ人メリサさんと中村亮一君のオープニングを行います。ベルリン在住の方、ベルリンに遊びに着ておられる方はぜひお越しください。washhaus

先日bad sooden allendorfという町に行ってきたんですが、本当にきれいな町でもう僕癒されまくってきました。展覧会当日は朝一番の電車に乗るため朝まで飲んでそのまま出発という強行日程。つくとそこはもうメルヘンのような町。木組みの家々が沢山あって本当にきれいな町でした。しかもドイツには珍しい山があるじゃないですか。寝てないこともあって変なテンションになっていた私、なぜか突然山登り。しかも遭難。。正装で行ったのになぜか泥まみれ。頭にはくもの巣まみれで式にギリセーフ。何この
変なアジア人?という空気にも負けずせっせとプレゼン。最中に給仕人にコーヒーをぶちまけられるハプニング。いやーなんか僕っていつもこんな感じなんですよね。何で??しかしそれでも作品、偉い人が買ってくれました。寝ずにも行った甲斐がありました。よかったー。それでは皆さんかんぱーい!
images.jpg

展覧会当日はbad sooden allendorfという町で授賞式のため朝一で行って22時くらいにベルリンの会場に戻ります。夜は三階でバーとかもやってるんで遊びに来てください。日曜日は一日そこにいるのでベルリンにいる方はぜひ遊びに来てくださいね。また場所がわからない方は僕に電話してください。0160 4179477
写真は今度出す新作の一つです。
goldene blume im weissen Raum/2007/200x200cm acryl auf Lwd
blumegold

ausstellung

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。