上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は。最近はやたら忙しくて熱くて死にそうな毎日ですが、今回とどめを刺してくれそうな仕事が入ってきました。ソフトウェアー会社の製品の翻訳と日本人からの質問受け答え。。いやーこんなことならもっとドイツ語の本よんどきゃよかったー。僕の夏は早くも終わりの予感っす!しかもこの夏なんとあの夢を見る人と夢の競演が決まりました!なんと彼の作った飛行機がバッシュハウスに上陸予定!!!入りきるのか???皆さん今年の夏はベルリンできまりっす!
(下記の写真は演劇のときに来たかわいいスペイン人とのショット!無念のピンボケです。)spanerin

スポンサーサイト
ええ、今日からバッシュハウスで日本人3人による演劇が行われます。ベルリン在住の方、ベルリンに来ておられる方はぜひおたちよりください。16日まで毎日20時からやってます。すしとかもあるみたいですよ。ぜひ!Wassertorstr.65 Berlin-Kreuzberg U-1 Prinzenstr / U-1 und U-8 Kottbusser Tor Oeffnungszeiten:15:00-19:00uhr. Wir freuen uns auf Ihren Besuch / Looking forward to seeing You. mit herzlichen Gruessen / with best regardsengeki

先日クロイツベルクの公民館?みたいなところであったこの地区に住む12歳ぐらいの少年(日本で言うヤンキーみたいな人たち)を対象としたワークショップを見に行きました。エンジンなしで雲の下にある蒸気かなんかで飛ぶ飛行機の模型が展示してありました。聞くと実際ここにいる少年達が一週間の訓練を受けて飛ぶとのこと。ベルリン工科大学の学生が皆に話をしているんですが、皆笑っていて真剣に話を聞いていませんでた。そのときその大学生が言った一言が今も忘れられません。「お前ら今は笑っていられるけどな実際飛ぶのはお前達なんだぞ!飛んだら一人ですべてを決断しなくちゃいけないんだ!飛ぶか降りるか左に行くか右に行くか。遊びじゃないぞ。それは人生みたいなもんんだ。お前らが人生を成功させるためには考えて常にベストな決断をして行かなくてはだめなんだ!」それを聞いてた少年たちももはや笑っていませんでしたが、横で聞いてた僕はこの人に謝りたい気持ちになりました。今までを考えて本当にベストな決断だったか。。その大学生は展覧会にも来てくれましたが日本のゼロ戦の図面や写真が載った(日本語の)本を持ってきてずっといかにこの飛行機がすばらしいかを説明してくれました。また彼の飛行機に対する考え、芸術に対する考えなどもも聞かせてくれましたがとにかく熱い!知識も豊富!そういう人はアートに対する自分の考え方を持っている。こんな学生日本では会わなかったなー。いい出会いでした。自分も確かこういう子供達に夢が見せれる大人になりたかんったんだなー。目先の小銭を得るために随分せこくなってきた自分が随分ちっぽけに見えました。はー、がんばろう。
おつかれっす!展覧会オープニングは大盛況のうちに終わりとりあえず一安心しています。フランス人のパフォーマンスには意表を突かれました。(このパフォーマンスのためにフランスからやってきました。)本番まで何をするのか知らなかったんです。。 (写真下。)しかしまあ沢山の人が訪れて地道に宣伝してよかったと思いました。反省するところは沢山ありますが、それをまた次に生かしたいと思います。がんばらなあ。それではまた! ausstellung1

ausstellung2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。