上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日ライプチッヒにSTUDIO KURA記念すべき第一号アーティスト、マルセル タスラーに会いに行ってきました。彼のアトリエはなんと今世界で話題のライプッチガーシューラーの巣窟Spinnerei www.spinnerei.de ネオ ラウホもここにアトリエがあるらしい。eigen and artもはいってた。boesnserもはいてった。ニューヨークのギャラリストはいまベルリンを飛び越えてライプッチヒに一直線だとか。このSpinnereiは東ドイツ時代の繊維工場をアーティストのアトリエや画材屋、ギャラリーとして再利用したもので、ライプッチガーシューラーの世界的成功のなかで大変注目をあびているものだ。アーティストが集まるところにギャラリー、画材屋、カフェ、クラブが集まる。人が集まるから情報が集まる。そこから世界に発信していくパワーが生まれる。Stadio kuraもいつの日かspinnereiのように。。。そんなことを夢見ながらベルリンに帰ってきました。大丈夫。。夢はかなう!

スポンサーサイト
あけましておめでとうございます。先日ベルリンフィルハーニーに行ってまいりました。中の雰囲気になんて場違いなところにきてしまったんだー!などと最初とまどっていましたが、コンサートが始まってしまえば後はもうただ驚きっぱなしの2時間でした。2006年は自分にとっては本当につらい時期であったのですが、最後にすばらしい場にいることができ、やはりいきるってすばらしいと思いました。多くのすばらしい人が集まりすばらしいひとつのものを作り出す。Studio Kuraもそのような場になっていきたいなとおもいます。今年もよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。