上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土台を作るため石を敷き詰めましたが、もともと畑で土がやわく、硬い土台ができません。。重い木で重い木で地面をたたいていくとどんどん地面が下がっていきます。しかも逆にぶわぶわしてきました。腰がいたかー!
DSC_0267.jpg

DSC_0268.jpg

DSC_0281.jpg

DSC_0290.jpg
こんな感じで2回目の石釜作り終了です。これおわらんばい。。

スポンサーサイト
立ち読みで見た「イェンスの畑のある週末」で手作り石釜を見て以来脳裏から離れなくなってしまった私。「おお、これあったらピザもいいし、ちびっこ教室で作った粘土やけるじゃん!」って。一ヶ月くらい悶々としていたんですがついに重い腰を上げ石釜作り始動しました。まずは場所探しから。田舎なので場所は開拓すれば見つかります。畑の横の草木を切り倒し、Studio Kuraの駐車場と石釜を作る場所を作ることに。
kama.jpg

場所はこんな感じです。草がぼうぼうです。
kama2.jpg

草を刈り、その後火責めで場所作り。あまりの煙で後ろにある鶏小屋では、ご近所の鶏が燻製寸前に。。ごめんなさい。

とりあえず、初回は場所作りで終了です。いつかできればいいのでボチボチ作って行く予定です。

イェンスの畑のある週末―小田原-江之浦でかなえるコロニヘーヴのある暮らし (エイムック 1593)イェンスの畑のある週末―小田原-江之浦でかなえるコロニヘーヴのある暮らし (エイムック 1593)
(2008/08)
イェンス・イェンセン

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。