上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おはようございます、先日ずっこけ軍団から無事生還しました。パフォーマンスで得たものすごいパワーは間違いなく今後の人生の糧となるでしょう。参加できたことを誇りに思います。いやーそれにしても変な人って本当に沢山いるんですね。「やべーおれは何てノーマルなんだ。」って思います。
スポンサーサイト
久保田組スタジオ2

ご無沙汰しています。松崎です。先日ついに武蔵村山市にある久保田組スタジオをたずねてきました。いやーやはり久保田さんが作るものはデカいっすねー。。。本気でびっくりしました。噂では聞いていたんですが、こんなにでかいとは。こんなもの自分で作れるんですか!?まるで要塞のようでした。

久保田組スタジオ


n1502751108_30343610_7127817.jpg


n1502751108_30343615_7240516.jpg

久保田組スタジオは共同アトリエとして貸し出されています。近辺にお住まいの方でアトリエを探していらっしゃる方は必見です!活気があります。絵画棟もありますので平面の人もいけます。
詳しくは久保田さんのサイト

おはようございます。今日はWashhausのTag der offenen Tuer(普段僕たちが何をやっているかを一般の方々に紹介する日。)なんだか朝から関係者の方々が集まってきてびっくりしましたよ。いったい何が始まるんだ?って。旗とか出来てたし、GEWOBAG(部屋を使わせてくれている不動産会社)の帽子とか色鉛筆とかのグッズも沢山!朝八時から中学生30人以上がクラス皆で訪れてくるという壮絶な幕開け。なんかね教育実習に行ったときのことを思いしましたよ。どこの国にいても中学生は中学生。かわいいもんやないっすかー。ドイツ人の中学生、大人にしか見えんけど。。最初は「何じゃこいつら。意味のわからん日本人がおるー!」っていじめられそう。。とか心配してたんですが、始まってみると色々質問も出てきて面白かったです。なかなか鋭い質問をしてくる人もいて妙に感心しました。最後に皆が帰った後、男の子が走って戻ってきて「展覧会のときは教えってくれ。」って。メールアドレスくれた時は感動でした。あー興味もってくれたんだーって。まあね。たまにはこういうのも悪くないっすね。しかし話はこれで終わらず。学校の先生も又、連絡しますね。今度は皆で絵を描きたいわ。とかいってんですよ。えー俺もういいよー。って。。。

tagderoeffnentuer1
画面中央にいるのが財団の社長さん。

tagderoeffnentuer2
手前にあるのが携帯用ストラップ、色鉛筆
tagderoeffnentuer3
GEWOBAGの帽子
昨日はギャラリーバッシュハウスの存続をかけてルーディー財団にミーティングに行ってきました。話しはとんとんとうまく進んで最後に社長さんに今住んでる住所(Anschrift)を書いてくれと聞かれたんですが僕は勘違いでサイン(Unterschrift)と思い笑顔で自分の名前を漢字で書いてやりました。。さわやかな彼の表情はかなり引きつってましたよ。へっ?どここれ?みたいな。そんなあたくし来週4日間も通訳しなければいけません。しかも偉い人の。。まったっく自信がありません。てめーも漢字で名前書いとくか?だれかたすけて。。
昨日バッシュハウスで展覧会をしていた家族(Fabricio, Krithika, Raven,Raiz)が次の目的地トルコにむかって出発しました。展示の準備のときから昨日までずっとバッシュハウスに住んでいたんですが、生きる。出会う。話す。一緒に物作って、そしてまた移動する。(もう4年以上続けている。)というその行為、その存在自体が作品何ですが正直あたくしやられました。人生すべてが作品で全部見せる。最初ね頭で理解できないんですよ。今までの自分の考え方では理解できない。子供だいじょぶか??なんて俺心配してて。(すごくいい子達!)一緒にいると自分の価値観がぐらぐらしてて。でもいいアートってそんな力がある。いいアートってそうでなきゃ。(あーちくしょう、俺もいいもん作りてー!)今の時代、力のない者でも世界にあるテクノロジーや、インフラ使って、全く皆の予想してなかった事してしまう。テロとか。でもねいい驚きもある。それアートだろって。
familie


もう絶対この家族、蔵によぶぞ!!て決めました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。